*

レビトラの効果はバイアグラよりもED治療に最適!その効果の違いを検証してみた!

   

レビトラは、バイアグラの次に誕生したED治療薬です。

世界的にはバイアグラと並ぶほどの知名度を持ち、
日本でも製造・販売が承認されている薬でもあります。

知名度だけでいうと、バイアグラの方が知名度は高いですが、
そんなバイアグラには

食事の影響を受けやすいという

決定的なデメリットがありました。

一方レビトラは、そのデメリットを解消し、
制限はありますが食事の影響を受けにくい
と言われています。

つまり、実際には

レビトラの方が効果的

とも言えるわけです。

今回はそんなED治療薬レビトラの、
成分から効果、使用者の口コミ、
副作用まで詳しくご紹介していきます。

バイアグラの欠点を補って登場したED治療薬レビトラとは?

レビトラは、
ドイツのバイエル薬品という会社から発売されています。

日本にもその法人会社があります。
日本で発売されるようになったのは、2004年6月です。

バイアグラの日本での発売が1999年なので、
それからするとだいぶ期間をおいて発売されたことになります。

バイアグラの後に発売されたとあって、
レビトラはバイアグラの欠点を補った
ED治療薬と言われています。

もともとバイアグラは、
強力な効果の代わりに食事の影響を受けやすいといった特徴がありました。

しかしレビトラはその欠点を克服し、
食事の影響を受けにくくなっています。

レビトラの特徴1 食事やアルコールの影響を受けにくい

ただまったく食事の影響を受けないわけではなく、
標準的な食事の影響を受けないとなっています。

ここでいう標準的な食事とは、
男性の1日に必要な摂取カロリーの3分の1程度なので、
700kcalと言われています。

吉野家の牛丼が666kcalなので、
牛丼を食べた直後でも影響を受けにくいということになりますね。

アルコールでも同じことがいえます!

レビトラの特徴2 効果持続時間が長い

レビトラは、
バイアグラと比べると持続時間も長くなっています。

バイアグラの持続時間は5時間程度と言われています。
そのため、性行為の直前に飲む必要がありました。

一方レビトラは、最長10時間(20mgと言われています。

バイアグラと比べると、
性行為から逆算して飲む必要がなく、
タイミングをそこまで気にする必要はないといったメリット
があります。

そして、配合されている成分量を見ると、
バイアグラは最低でも
25mg
最高だと
100mg配合されていますが、

レビトラは最低でも10mg
最高でも20mgです。

数字的に見てもバイアグラが強力なことは見て取れます。
強力がゆえに日本人の体には負担が大きいこともネックでした。

一方レビトラは、食事影響を受けにくく、
バイアグラと比べると体への負担が少ないために、
より日本人向きのED治療薬と言えます。

⇒バイアグラとは一味違うED治療薬「レビトラ」の効果を詳しく知りたい方はこちら

ED治療薬としてのレビトラの効果とは?

ED治療薬に含まれる成分が、
勃起力を高める仕組みは共通しています。

つまりバイアグラもレビトラも、
成分の効果自体はほとんど同じなわけです。
ただ、水への溶けやすさなど、違いはあります。

レビトラには、バルデナフィルという成分が含まれています。

この成分が勃起を促してくれるわけですが、
どう作用するか説明する前に、
まずは勃起の仕組みから説明します。

勃起の仕組み

勃起とはペニスに血が流れ込むことによって起きる現象です。

ペニス付近の血量が増えることで、
固くなり勃起した状態となります。
もちろん急に勃起するわけではなく、
それまでの過程があるわけです。

まずは、性的な刺激を受けると脳がそれを認識します。
いわゆる興奮している状態ですね。

するとペニスの海綿体神経に信号が送られ、
サイクリック
GMPという物質が増え始めます。

そして、この物資がペニス付近の筋肉を緩め、
それによって血管が拡張されます。

血管が拡張されると、
血液が一気にペニスに流れ込み勃起するわけです。

しかし、勃起し続けたままではいけないので、
サイクリック
GMPを阻止する酵素も出てきます。

それがPDE5という酵素です。

この酵素の働きが強まると、
EDになる恐れがあるのです。
勃起を妨げる物質とも言えますね。

そこでED治療薬に含まれる成分が、
この
PDE5の働きを阻止するわけです。

レビトラで言えば、バルデナフィルですね。

よく勘違いされているのが、
ED治療薬を飲めば、すぐ勃起するということです。

でも仕組みを知ればわかる通り、
性的な刺激による勃起の力を強めてあげるだけです。

つまり、性的な刺激がなければ、
ED治療薬を飲んだとして勃起しないわけです。

バイアグラやレビトラを始めとしたED治療薬は、常に勃起させる薬ではないので、その点はご安心を。

また飲んだからといって、性的な興奮が助長されるわけでもありません。

次にレビトラ使用者の口コミにを見てみましょう。

⇒バイアグラとは一味違うED治療薬「レビトラ」の効果を詳しく知りたい方はこちら

レビトラを実際に使用した人の口コミ

レビトラ使用者の口コミ1

新婚の頃と比べ、今では妻とやることも無くなりました。自分の勃起不全が原因だったわけですが。そのせいかどうかわかりませんが、年々会話も減り、妻との関係も冷え切っていくように感じていました。このままではまずいと思い、ついにED治療薬を購入してみることに。EDと言えばバイアグラと思っていましたが、よく調べるとレビトラの方が体への負担も少なく、効果的と聞いて、レビトラを購入。年のせいかどうかわかりませんが、飲んでみると若干頭痛がして、鼻がむずむずしましたが、そこまで気にならない程度。肝心のペニスは、衰えかけていた力を取り戻し見事勃起。久しぶりに妻と愛しあうことができました。毎日やるには、体との相談になりますが、現在でも週23回のペースで服用しながら、妻とのエッチを楽しんでいます。レビトラに出会えて本当に感謝しています。

レビトラ使用者の口コミ2

妻とのエッチは、結婚してからも続いていました。ただ歳のせいか心に体がついていかず、興奮しても勃起の力が弱く、中折れすることが多くなりました。そこで、ED治療薬に頼ってみることに。まずはバイアグラを試してみました。効果は非常に強力でしたが、動悸がしたりと、体への負担が大きかったです。そこで、より体への負担が少ないものをと思い、レビトラを試してみることに。体への負担が少ないにもかかわらず、バイアグラに負けず劣らず勃起力を発揮してくれました。そこからは完全に、レビトラのリピーターです。

レビトラ使用者の口コミ3

ED治療薬はバイアグラ、シアリス、レビトラ3つとも試したことがあります。最初はバイアグラを使ったみましたが、ペニスが痛くなるぐらい勃起。さらに動悸や頭痛もあったので、これは強力すぎると思い断念。そこで今度は、友達の紹介でシアリスを使ってみることに。ただバイアグラを最初に使ったせいか、勃ち具合がいまいち。確かに持続時間は長いけど、エッチは一発勝負なので、もう少し効果が高いものがいいなと思っていました。そこで今度は、通販で見つけたレビトラを使ってみることに。すると、バイアグラと同じように即効性もあり、痛くなりすぎない程度にしっかりと勃起してくれました。体との相性がいいのか、動悸や頭痛もなかったです。まさにバランスのとれた、ED治療薬といったところです。

 

効果は実感できているといった声が多いようです。

バイアグラほどの副作用もないようですね。

体への負担を考えると、まさに日本人にあったED治療薬ではないでしょうか?

⇒バイアグラとは一味違うED治療薬「レビトラ」の効果を詳しく知りたい方はこちら

レビトラに副作用はあるのか?

薬なので、人によっては副作用が出るようです。

報告されているものだと、
頭痛や消化不良、火照りなどがあるそうです。
ただ、配合してある成分量も少ないので、
バイアグラと比べると体への負担は少ないかと思います。

あとは、用法・用量をしっかりと守りましょう。

11錠が限度で、次服用する場合は24時間以上間隔を空けるようにしましょう。

また通常の薬と一緒で、
グレープフルーツと一緒に飲むのはやめましょう。
グレープフルーツが吸収率を上げてしまい、
思わぬ副作用が出る恐れがあります。

⇒バイアグラとは一味違うED治療薬「レビトラ」の効果を詳しく知りたい方はこちら

レビトラを購入するならこの通販サイトがおすすめ!

レビトラは病院で処方してもらう方法もありますが、
それだと値段がかなり高くつきます。
ですが、
個人輸入を代行してくれる通販サイトなら、
安く購入することもできます。

個人輸入の商品と言っても、
配合されている成分や量は変わりません。

そこでおすすめの通販サイトが、お薬ラボです。

レビトラ以外にも、数多くのED治療薬を扱っており、
実際に使った人の口コミも多いため安心できます。

まとめ

レビトラは、
バイアグラの欠点を補ったED治療薬です。

そのため食事の影響を受けにくく、
バイアグラと比べても体への負担は少ないです。

バイアグラが、体格のいい外国人向けだとしたら、
レビトラは小柄な日本人向けとも言えます。

そして通販で購入すると、
病院で処方してもらうよりも安く購入することができるので、
ぜひ利用してみてください。

 - レビトラ , , , , ,